ASC - 水産養殖管理協議会

水産養殖管理協議会 (ASC) 漁業および ASC 加工流通過程管理 (CoC) 基準は、企業や組織が養殖魚を推進および特定できるように支援します。CoC 認証プロセスは、「養殖場から食卓まで」を対象とし、すべての製品のトレーサビリティを保証します。

水産養殖管理協議会 (ASC) は、2010 年に世界自然保護基金 (WWF) およびオランダの持続可能な貿易を推進する団体 (IDF) によって設立され、養殖業のための世界をリードする認証プログラムを提供します。これは、グローバルにさまざまな養殖業プロセスに対応し、養殖業の環境的側面および社会的側面の両方を考慮して、責任ある生産を保証します。ASC 認証済み製品は加工流通過程管理 (CoC) 基準に従って認証される必要があります。これは、認証済み ASC 製品の購入、加工、販売の規則となります。

ASC 基準は次の原則に対応します。
  1. 法的コンプライアンス (法律、法的権利の遵守)。
  2. 自然環境および生物の多様性の保護。
  3. 水資源の保護。
  4. 種および野生の個体数の多様性の保護 (例: 野生魚に脅威となりうる野生化の防止)。
  5. 飼料および他の資源の責任ある利用。
  6. 動物の健康 (不要な抗生物質および化学薬品を使用しない)。
  7. 社会責任 (例: 児童労働を行わない、作業者の衛生と安全、集会の自由、社会関係)。