FairWild

FairWild 基準は、持続可能な収穫、社会責任、および公正取引の原則への責任を示すことを目指す野生植物の収穫事業に適用されます。FairWild 認証は、原材料の取引業者から消費者までの買い手が、合法的かつ持続可能な方法で収穫された商品を取り扱っていることを理解していることを意味します。このような商品は公正に取引されており、野生植物を収穫する地域社会に至るまでのすべての関係者が利益を受けていると感じることができることを意味します。

FairWild 基準は、さまざまな生態学的、社会的、および経済的な要件に照らして、野生植物、キノコ類、藻類の収穫と取引を評価します。サポート取り組みによって、資源が持続可能な方法で管理、収穫、および取引されていることを保証し、農村部の生産者に利益をもたらします。

Control Union は、2017 年末に、スリランカの Control Union Inspections Pvt Ltd の範囲の下で、FairWild 基金によって認定されました。現在、Control Union は、検査と認証を実施することができます。

FairWild システムでは、3 種類の事業者 (会社) の定義があります。企業の活動によっては、同時に複数のカテゴリに分類されることがあります。

  • FairWild によって認証された収穫組織: FairWild 基準に従って認証された野生植物の収穫業務。
  • 登録済みの処理業者と取引業者: 卸売業者、原材料の販売業者、FairWild 原材料または半製品の中間処理業者。
  • 登録済みライセンシー: FAIRWILD® の文字やデザインマーク (または他の顕著な FairWild 基準の参照) を使用して、収穫梱包済み製品のラベルおよび販売に責任を負う企業など、最終製品のブランド所有者。