FIPA EFAPA 韓国

2013 年、EEAPA および FIPA は「環境に配慮した農業および有機食品などの管理・支援の促進法」という 1 つの法律に統合されました。この目的は、合成殺虫剤、化学肥料などを使用しないか、使用を最小化し、有機加工食品の供給を促進することで、農業生態系を保護することです。

有機農業の主な原則は、バランスが取れた肥沃な土壌での健康的な食品の生産です。生産および加工中には、有機および非有機製品を分離し、禁止物質 (主に合成物質と非認証製品) による汚染を防止する必要があります。有機製品の生産および加工は、規制で規定された検査システムに従って、認定された独立した第三者によって検査を受ける必要があります。

Control Union Certifications は、農業製品、加工食品および資料 (認証機関番号 62) に関連する世界の認証活動に関して、NAQS (全国農産物品質管理サービス) によって認定されています。

加工食品については、2014 年 7 月 1 日以降に韓国と米国の間、2015 年 7 月 1 日以降に韓国と欧州の間で同等の合意があります。したがって、これらの国は相互の有機システムを承認し、追加の認証を必要とせずに、食品を有機製品として輸入できます。ラベルには特定の条件が適用される場合があります。