GGL - Green Gold Label

Green Gold Label スキームは、調達されたバイオマス製品が持続可能な方法で生産されたという保証を提供するために設計されています。このスキームは、生産地 (森林管理または農業) およびサプライチェーン情報 (エネルギーと炭素) を考慮します。また、ドイツ持続可能なエネルギー生産の推進プログラムなど、持続可能なバイオマスを調達するための国家規制にも適合します。

Green Gold Label スキームは、最も古いバイオマス認証スキームの 1 つとして独自の実績があり、世界中で適用されています。GGL 基準はさまざまな領域や範囲に対応します。固有の基準は、次のような事業の正確な本質に応じて適用できます。

  • 加工流通過程の管理
  • 森林管理源
  • 農業源
  • 発電/公益事業 (エネルギー生産者)

GGL 基準はサプライチェーン全体で提供される必要があるエネルギーおよび炭素データにも対応します。サプライチェーンの GGL 認証済み企業間の取引には取引証明書が発行されます。

GGL 監査は毎年実施されます。Control Union Certifications (CUC) は、GGL スキームに関して、 RvA (Dutch Accreditation Council) によって認定されています。CUC はこのスキームの要求事項に対して世界中の企業を認証しています。

詳細