GRASP

社会慣行に関するGLOBALG.A.P.リスクアセスメント(GRASP)は、主に書類のチェックに基づいており、一次生産における社会的リスクを評価します。 GRASPは、生産者が重要な社会問題に取り組み、農場レベルで意識を高めることを支援します。

GRASPは13の統制点とコンプライアンス基準で構成されています。

  • 単一の生産者と生産者グループの11の統制点
  • 生産者グループ品質管理システム(QMS)のための1つの追加の統制点
  • 推奨される社会慣行のための1つの統制点。

GRASPは、 GLOBALG.A.P. 一次生産基準または同等のベンチマークスキーム/ AMCと組み合わせて評価することができます。さらに、GLOBALG.A.P. が承認したGRASP National Interpretation Guidelineが存在しない場合でも、GRASPは、 どの国でも評価することができます。国がGRASP解釈ガイドラインを持っていない場合、申請者はGLOBALG.A.P.事務局にそのような解釈ガイドラインの作成のためのプロジェクト計画を提出する必要があります。