MSC - 海洋管理協議会

海洋管理協議会 (MSC) 漁業および MSC 加工流通過程管理 (CoC) 基準は、企業や組織が持続可能で十分に管理された天然魚の捕獲を推進および特定できるように支援します。MSC 認証プロセスは、「船舶から食卓まで」サプライチェーン全体で捕獲された魚を対象とします。

持続可能な漁業のための海洋管理協議会 (MSC) 原則および基準は、持続可能な漁業を推進するための方法として、1999 年に策定されました。MSC 基準は、規模、種類、場所に関係なく、天然魚の漁業にのみ適用されます。環境的に持続可能な、適切に管理された漁業を判定するための MSC の基準には中心となる 3 つの主要原則があります。漁業資源の状態、周辺の生態系への漁業の影響、および漁業管理システムの効果と性能です。漁業製品が漁獲から消費まで適切に販売されていることを保証するために、MSC 加工流通過程管理 (CoC) 基準によってもサポートされます。これは、認証済み製品の購入、加工、販売のための規則を提供します。

MSC 加工流通過程管理の原則は次のとおりです。

  1. 認証された供給者から購入する
  2. 認証された製品が特定可能である
  3. 認証された製品が分離される
  4. トレーサビリティと量が記録される
  5. 組織に管理システムがある