MSPO - マレーシア持続可能なパーム油

マレーシア持続可能なパーム油 (MSPO) 基準は、2019 年末までに義務付けられています。この義務のスケジュールには 3 つの段階があります。既に RSPO 認証を保有するプランテーション産業は 2018 年 12 月 31 日まで、認証がない場合は 2019 年 6 月 30 日まで、小規模農場は 2019 年 12 月 31 日までです。

MSPO 基準は、パーム油生産の管理を多数の既存の国内法規制に準拠させます。パーム油の持続可能性という点では、同様の種類のスキームの持続可能なパーム油のための円卓会議 (RSPO) およびインドネシア持続可能なパーム油 (ISPO) が導入されています。
利点
MSPO 認証は信頼できる持続可能で責任ある管理を提供し、社会的、環境的、経済的に好ましい影響をもたらします。同時に、特に人間と環境に対する負の影響を最小限に抑えます。このような利点をまとめると、次のとおりです。
  • 管理の基準に沿った改善 
  • 持続可能な森林管理の促進
  • 生物多様性の強化
  • 社会的強化 
  • 経済的な利益につながる効率化
  • 衛生および環境ポリシーへの適合
  • 法的および契約要求事項の遵守
  • 既存の市場および新しい市場へのアクセス
基準
MSPO 基準 (MS 2530:2013 シリーズ) には、以下のように 4 つの部分と 7 つの原則があります。
  • 第 1 部: 一般原則
  • 第 2 部: 小規模農場の一般原則
  • 第 3 部: パーム油プランテーションおよび組織化された小規模農場の一般原則
  • 第 4 部: パーム油搾油所の一般原則
 
認証方法
このページの [お問い合わせ] ボタンをクリックしてお問い合わせください。入力された情報に基づき、Control Union Certifications から申込書をお送りいたします。認証プロセスは、お客様の同意をいただいた後すぐに開始することができます。その時点で、商標の利用を申請し、通信および請求に関する規則を遵守することもできます。
 
認証プロセス