RCS 100 - リサイクル表示基準

RCS (リサイクル表示基準) はCoC基準として使用され、サプライチェーン全体で再利用された原材料を追跡します。この基準は、OIA の持続可能性ワーキンググループの一部である原料トレーサビリティワーキンググループが実施した作業によって開発されました。RCS はContents Claim StandardのCoC要求事項を使用します。

RCS は最終製品における再利用された原料の存在と量を検証します。これは、第三者による原料およびCoC検証によって実現されます。これにより、製品の再利用済み原料含有量表記に関する透明で一貫した包括的な独立評価および検証が可能になります。RCS はビジネス間ツールとしても使用でき、企業は高品質の製品を販売し、支払った対価に見合ったものを得ていることを保証する手段が得られます。また、消費者との正確で正直な通信を保証するための手段として使用されます。これには、ジニング、スピニング、織物、編物、染色、印刷、縫製の企業が含まれます

詳細