RSPO - 持続可能なパーム油のための円卓会議

パーム油は、環境および社会に対するパーム油栽培の悪影響を削減することを目的とした、持続可能なパーム油のための円卓会議 (RSPO) の特定の基準に従って認証されます。

パーム油は世界で最も消費される食品成分の 1 つであり、すべてのパッケージ化された食品の約半分において利用されています。 

アブラヤシは非常に生産効率がよく、その果房から、年間を通して油が生産されます。最も収穫量が多い植物油の作物であり、他の油脂生産作物で必要な土地の半分も必要とせずに同じ量の油を産出することができます。油パームが植えられた 1 ヘクタールの土地で、平均で最大 6 トンの油を毎年産出できるため、パーム油は世界中で最も安価な植物油となっています。 

2008 年に、RSPO は、認証された持続可能なパーム油 (CSPO) を生産するために企業が遵守する必要がある環境および社会基準を策定しました。適切に適用すると、これらの基準によって、森林破壊などの悪影響を最小化することに役立ちます。

Control Union Certifications は RSPO が認定した認証機関であり、ASI によって認定されています。RSPO 認証スキームで規定された手順に従って、持続可能なパーム油の RSPO 認証を実施します。