SBP - 持続可能なバイオマスプログラム

持続可能なバイオマスパートナーシップ (SBP) は発電所でバイオマスを使用する主要な欧州の公益事業会社によって設立され、エネルギー利用のための持続可能な木製バイオマスを認証します。認証はバイオマス生産者から開始します。持続可能性コンプライアンスを証明するための手段が森林認証だけではなくなります。

SBP の目標は、欧州連合の法律、規制、および持続可能性要求事項に適合することです。SBP フレームワークは要求事項においてより総体的なアプローチを提供し、社会における現在の開発の導入に焦点を当てます。社会コンプライアンス、土地利用の変更、生物多様性には特に注意しています。

SBP は森林から消費者までサプライチェーン全体に対応します。このフレームワークは工場中心の認証スキームであり、森林中心の認証スキームとは異なります。ただし、調達エリアが既に認証されている場合は、製品の SBP 認証の取得が比較的簡単です。

詳細については、Web サイトの Sustainable Biomass Partnership をご覧ください。

SBP には複数の基準があります。

基準

基準名

適用先

SBP 基準 1 原料コンプライアンス基準 未認証の供給拠点を使用するバイオマス生産者
SBP 基準 2 SBP に準拠した
原料
100% 認証済み供給拠点を使用する
すべてのバイオマス生産者
SBP 基準 3 認証機関の
認証システム要求事項
認証機関 (Control Union)
SBP 基準 4 加工流通過程の管理 サプライチェーンのすべての法的なバイオマス所有者
SBP 基準 5 データの
収集と通信
サプライチェーンのすべての法的なバイオマス所有者
SBP 基準 6 エネルギーと炭素のバランス
計算
エネルギー/熱を生産するためのバイオマスの最終利用