繊維

繊維業界は歴史的に、環境に有害な処理、動物保護の問題の他に、児童労働、作業者の賃金、利益、衛生、安全などの複雑な社会コンプライアンスの問題に関連してきました。現在では、認証済みの持続可能な製品への要求が強くなっています。

一般社会の意識とトレーサビリティの要求が高まり、多数のグローバルブランドには、既に、有機素材、リサイクル素材、または持続可能な素材を使っている認証済みの持続可能な製品で作られた専用ファッションコレクションがあります。

Control Union は、繊維業界が要件を満たせるように支援することで、決定的な役割を担ってきました。

たとえば、Control Union が開発した EKO Sustainable Textile Standard は、持続可能性に対処した繊維業界初の基準です。また、Control Union は、Responsible Down Standard (RDS) を策定するうえで積極的な役割を担いました。


Do you have questions regarding textile certification?  Have a read at our Textile FAQ and see if you can find your answers here.